自分に命がある今だからできることを

Easygoing Room

ブログ

2019.07.03 

ブログ

今すぐできる!怒りを感じたときの対処法


こんにちは。
「正しい悩み方」に導くカウンセラーの桑原です。









今日は脱・メンヘラのための取り組みの2つめ
怒りを感じたときの対処法についてです。

アンガーマネジメントという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。
怒りは、勝手に起き上がる感情のように感じますが、実は自分で
コントロールができるようになると、とても楽に生きやすくなります!

イライラのコントロールのためにできることには、以下のようなものがあります。

①アンガー日記をつける
・書くことで、自分の思考の癖に気づく。
・書いているうちに怒りのピーク6秒が過ぎる。
・どんなときに怒りを感じるのか、明確になる。
・怒りを感じたときの対処法がわかってくる。
・自分の思い込みに気づくことができる。

②その場を離れる
・イライラしたらトイレに立つことでイライラのピークが過ぎる。
・イライラのピークになる前に水を飲むことで心の浄化をする。

③深呼吸をする
・鼻から吸って口から吐く呼吸法を10回は繰り返して落ち着きを取り戻す。
・深呼吸で血流が良くなり、イライラホルモンが減っていく。

④怒るときには必ずIメッセージで伝える
(例)私は○○をしたいと思っていたけど、あなたは違っていたのね。
   ママは○○ちゃんが△△しているところ見たいなぁ。
などと、Iメッセージで伝えることで、自分がどうしたいのか、
明確に相手に伝えることができるようになる。









この4つのどれか、できそうなものから始めていくことが大切です。
書くことが好きなら、イライラした出来事そのときの感情を
洗いざらい書いてみる。
ヨガなどをしていて瞑想などが得意なら深呼吸を取り入れる。
イライラするとパニックになってしまいそうなら、離れてみる。
考えることが好きなのであれば、Iメッセージでのコミュニケーションを
徹底してみる。

など、自分が無理なくできることから初めて行くことが重要です。
先日もイライラのコントロールセミナーを開催し、以下のような感想が
寄せられています。

・アンガー日記をやってみようと思った。
・「自分に許可を与える」が響いた。
・自分を客観視する練習や一歩置いてみることが大切だと思った。
・怒りの診断タイプが面白かった。
・子どもへのイライラへ具体的な対応がわかった。









↑ こちらの感謝の気持ちを書いてみました(^_^)

怒りのピークは一般に6秒と言われており、その間の工夫として、
自分にできることを初めて行くことが大切です。
自分ができそうなことからはじめてみて、うまくいかなければ違うことを。
うまくいったなら続けるようにしてみてください。

Do more or Do different !


次回は不安との付き合い方について書いていきます!





LINE@始めました。ぜひご登録お願いします!
現在、新規登録をしていただいた方に数秘鑑定をプレゼントしています。





友だち追加






Twitter 始めました!
心理テスト作成して掲載中ですので、ぜひ遊んでみてください♪
https://twitter.com/KuwaharaSachiko