自分に命がある今だからできることを

Easygoing Room

事例

2018.10.03 

事例

【事例】怒りっぽい人がイライラしなくなった!?

こんにちは。

『正しい悩み方』へ導くカウンセラーの桑原です!



➖➖怒りやすく、夫婦喧嘩が絶えない➖➖

Bさん(30代 男性)に初めてお会いした時、とても静かなトーンで、家庭のことや仕事のことなどを話す中に、目に見えてない強い怒りを感じました。

 

初回のカウンセリングでは、出さなかったものの、回数を重ね、5回目のカウンセリングでは、『怒り』について、語り始めました。

 

『小さなことにもすぐイライラするんです。電車の中やバスでマナーが悪い人を見ると、一日中イライラして、家に帰ってから家族に話すと、“あなたに関係ないひとのことに、なんでそんなに怒るのかわからない”と理解してもらえず、またイライラが再燃するんです。』



そこから、アンガーマネジメントワークを開始し、怒りのコントロールを行うとともに、怒りの裏にある、Bさん自身の願望を聴いていきました。

 

怒るというのは、不満があるから起きる。

何が不満なのか?どうしてほしいのか?

なぜ、不満なのか?

不満を語るとき、体の中のどこに怒りを感じるのか?etc

 

質問を適宜いれ、Bさん自身が自分との対話をするよう導きながら、どうしても自身で処理できない怒りのエピソード集めを行いました。

 

怒りの特徴を把握し、例外的に怒らずに済んだ日のエピソードをヒントに、日常生活の中でできる取り組みを決めて実行し、半年が過ぎた頃でした。

 

Bさんから、『前までは、絶対に喧嘩になっていたことも、今は冷静になれて自然と喧嘩が減り、離婚寸前だったけど、家族が増えることにもなりました!』

 

とのご報告をいただきました。

 

そこは、ひとえにBさん自身の変わりたい!という気持ちが、これまでと違う行動をとったBさん自身の努力あっての結果であったと思います。

 

今、Bさんは、アンガーマネジメントを継続しながら、どんなときでも冷静でいられる自分を目指し、継続的にカウンセリングを行っています。

 

怒りがコントロールできるようになり、負のパワーから正のパワーへ変化した結果、新たないのちも誕生し、夫婦の絆を確かめられたBさんの幸せを引き続き願っています。

 

最後に、当ルームのブログに事例掲載にご協力いただいたBさんへ、心より感謝いたします。

 

 

なお、上記事例は、個人情報の特定がされないよう、主旨にズレない程度に加工してありますことをご了承ください。